大田区大森・蒲田のめう整体院が教える食前食後に水を飲むのは内臓に負担をかけていた!?

From 漆戸 拓真

]大田区大森の整体院より、、、

いつもブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

このブログで皆さんが健康に成れる情報を発信していきたいと思います!

今回は、食前食後に水を飲むと内臓に負担をかけていたという事についてお話ししていきます。

あなたは内臓の事だけ考えると、は食前食後に5時間も水を取らない方が良いということはあなたは、ご存知でしたか?

この考え方は、消化酵素の働きを阻害し、内臓負担をかけてしまうのを防ぐためです。

しかし、ぶっちゃっけて5時間ってと思いますよね、、、

実はちゃんとした理由がそこにはあるんですよ。

それは胃内滞溜時間です。

そして各食材によっても滞溜する時間が異なるのです。

果物:20~30分

野菜:1~2時間

淡水化物:2~4時間

たんぱく質:4~6時間

 

これで分かる通り、全ての食材を腸に送るのに5時間ぐらいはかかってしまうのです。

でも、5時間も水分摂取をしないと脱水になっちゃいますね。

そこで、私が実際の患者さんにおススメしているのが、食前食後30分間は水を摂らないようにして下さいと伝えています!

消化負担を考えると一度に多くの水分を飲むことは避けたいのでこまめに喉が乾く前にとるくらいの頻度で補給する飲み方が内臓にも優しく、脱水を防ぐのにも有効です。

私は、ちびちび飲むことをおススメします!

ちなみにオレンジジュース、スープ、お味噌汁、コーヒーは食事と一緒に飲んでも大丈夫ですと私は、お伝えしていますよ!

但し、心臓病や腎臓病があり、医師から水分制限の指示がある方は対象外ですので、ご注意下さい!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。