大田区大森・蒲田のめう整体院が教えるスポーツ中に水だけでは、なぜいけないのか?

From 漆戸 拓真

大田区大森・蒲田の整体院より、、、

いつもブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

このブログで皆さんが健康に成れる情報を発信していきたいと思います!

今回はスポーツ中の分摂取についてお伝えしていこうと思います。

このブログを見ている方でも、習慣的に運動されている方は、たくさんいると思います。

では、皆さんはスポーツをされる際の水分の摂り方をどのように意識して摂っていますか?

まず、水だけでは脱水を防げない理由としては、

人間は体重の3%の水分を失うと体温調節機能が低下し、同時に運動能力も低下して十分なパフォーマンスが発揮できなくなります。

なので、人間は常に3%の水分喪失をしないように水分を補給する必要があるのです。

例えば、体重70kgの人が2%の水分を失った場合、140mlの水分を失う計算になります。

この場合に補給する水分の塩分、糖分の目安としては

・塩分:0.1~0.2%

・糖分:2.5~5%

・水分:5~15度の適度に冷えたもの

このような適量の塩分と糖分を含み、適度に冷やされたスポーツ飲料が良いとされています。

お茶やミネラルウォーターを摂りたい人は「うめぼし」や「塩」を舐める必要があります。

人間の体内の塩分濃度は0.9%です。

多量の汗をかくと、水分と共に塩分も失われていくのです。

体内の塩分濃度が薄まると筋痙攣などの熱中症の症状が現れます。

人間の身体はそれらを自動的に調整する能力を持っているのです。

多量の汗で塩分と水分を同時に失い塩分が薄まっている状態で水だけを補給すると塩分濃度を少しでも濃くしようと働き、せっかく摂った水分をさらに出す事になってしまいます。

つまり、多量の汗をかいたときには、水分と塩分の同時補給が重要です!

注意してもらいたいのが、この飲料水の摂り方や選び方は運動する時に限ります!

運動しない方は、過剰摂取につながりますので注意して下さいね。

これらを意識して水分補給をして頂いて、楽しく笑顔でスポーツを楽しみましょう!

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。