大田区大森・蒲田のめう整体院が教える1日にアルコール飲む適量とは!?

From 漆戸 拓真

大田区大森・蒲田の整体院より、、、

本日もブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

今回は、アルコールの1日で飲む量はどれくらいなら良いのかをお伝えしていきます。

お酒を飲み過ぎると、様々な身体の不調や病気の原因に繋がるのはすでにご存知かと思いますが、反対に「適度なお酒を飲む身体に良い」、「酒は百薬の長」ともいわれますよね。

イギリスの医学者マーモット博士は、飲酒量と死亡率の関係を10年間にわたり調べました。

結果は、1日のうち「全く飲しない人や大量に飲む人」に比べて「適量の飲酒をする人」は長生きをするというものでした。

摂取することで善玉コレステロールや血小板などに作用して、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患の発病を抑えらることが分かってきたのです。

マーモット博士だけではなく、多数の科学者が飲酒と死亡率の関係を統計的にデータ化し、同じような結果を得ています。

では、1日に飲む適量ってどのくらいなの?

男性については1日当たり純アルコール10~19gで、女性では1日当たり9gまでで最も死亡率が低く、1日当たりアルコール量が増加するに従い死亡率が上昇することが示されている
従って、通常のアルコール代謝能を有する日本人においては「節度ある適度な飲酒」として、1日平均純アルコールで約20g程度である旨の知識を普及する。
なお、この「節度ある適度な飲酒」としては、次のことに留意する必要がある
1) 女性は男性よりも少ない量が適当である
2) 少量の飲酒で顔面紅潮を来す等アルコール代謝能力の低い者では通常の代謝能を有する人よりも少ない量が適当である
3) 65歳以上の高齢者においては、より少量の飲酒が適当である
4) アルコール依存症者においては適切な支援のもとに完全断酒が必要である
5) 飲酒習慣のない人に対してこの量の飲酒を推奨するものではない

引用:健康日本21より

では、具体的な例を挙げていきます!

・ビール

適量の目安は500ml

アルコール濃度は5%

純アルコール量は20g

・清酒

適量目安は1合

アルコール濃度は15%

純アルコール量は22%

・焼酎

適量目安は1/2合

アルコール濃度は25%

純アルコール量は18g

・ウイスキー

適量目安はダブル1杯

アルコール濃度は43%

純アルコール量は20g

・ワイン

適量目安はグラス2杯

アルコール濃度は12%

純アルコール量は20g

引用:健康日本21より

私もビールが大好きですが、これを見て1日に飲む量を気を付けたいと思います。

この記事を見て頂いた方の少しでも健康になればと思っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人がイキイキして子供キラキラした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。