大田区大森・蒲田のめう整体院が教える肩こり、腰痛を予防できる正しい座り方とは!?

From うるしど たくま

大田区大森・蒲田の整体院より、、、

本日もブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は肩こり、腰痛を予防する正しい姿勢での座り方についてお伝えします。

現代社会において今やデスクワークでのパソコン作業やプライベートでスマートフォンなどを使用する機会が非常に多くなりました。

それに伴い、肩こり、腰痛の非常に多くいらっしゃいます。

そして、大勢の人の座り方を見ると、正しい姿勢を崩されて座られている人が非常に多くみられます。

脚を組んだり、脚を投げ出したりして座っている方や、椅子に浅く座り背中を丸めて背もたれに寄り掛かった姿勢をされている多くみられます。

本来、頚椎(首骨)から尾骨(尾てい骨)までの脊椎は生理的湾曲をしています。

ただ、肩こり、腰痛の方はもちろんですが、多くの方がこの生理的な湾曲が崩れる座り方をしています。

この生理的な湾曲が崩れると、脊椎の弾力性も失われ肩甲骨、骨盤はもちろん肋骨、四肢にまで悪影響を及ぼします。

そして、その悪い姿勢で長時間座ってパソコン作業やスマートフォンを操作していれば、肩こりや腰痛になるのも想像できますよね。

じゃあ、一体どうのように座れば、正しい姿勢の座り方になるのでしょうか?

1.楽に椅子へ腰掛ける

2.お辞儀をするように上半身を前に45度に倒す

3.その状態のまま、おへそを前にして尾骨(尾てい骨)を後ろに突き出します

4.その姿勢のままでお尻を椅子の後ろにずらして尾骨(尾てい骨)を背もたれに押し付けます

5.尾骨(尾てい骨)を背もたれに押し付けて、おへそを前にしたままで上半身を起こします。

『引用:姿勢力by高橋伴和(p49)』

そうすると、尾骨(尾てい骨)は背もたれに付いたままだが、背中は背もたれには付いていない状態になります。

また、この姿勢を行ってみて直ぐに疲れてしまうようであれば、まだ正しい姿勢で座れていないことになります。

正しい姿勢で座り方をマスターして肩こりや腰痛を予防しましょう。

あとは、肩こり、腰痛のセルフケア忘れずにして下さいね。

もし、座り方がイマイチ分からないという方は、ご連絡ください!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人がイキイキして子供キラキラした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。