大田区大森・蒲田のめう整体院が教える頭痛・偏頭痛の原因は、内臓(肝臓)と食事だった!

From 漆戸 拓真

大田区大森・蒲田にある整体院より、、、

本日もブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

頭痛内臓と食事の関係についてお伝えしていきます。

(出典:GAHAG)

頭痛で考えられる主な原因としては、ストレスや食事の偏食などにより引き起こされる内臓の疲労で引き起こされるもの。

または、姿勢が悪くなっていることにより筋肉や脊椎などの歪みや硬さで引き起こされるものになります。

大きく診れば、ほとんどの頭痛の方がこれらの問題が原因となってきます。

そして、頭痛は重篤な疾患も隠れているので注意して下さいね。

では、なぜ食事の偏食などにより内臓が疲労して頭痛が起きるのかを考えていきす。

まず、最初に問題が生じる内臓と考えられるのが肝臓です。

肝臓には解毒、消化、代謝、免疫、ストレス処理など約500もの仕事をしているとも言われている頑張り屋の臓器なのです。

(出典:GAHAG)

しかし、内臓はマルチタスク(複数の作業を同時にすること)が出来ません。

例えば、食べ過ぎで肝臓が消化の仕事を頑張っていたら、その食べ物に入っている有害な添加物などの毒素を分解させようとしても内臓は一度に複数の仕事ができないため、解毒機能が上手く働けなくなり、解毒が出来ない状態になってしまうのです。

このように解毒機能が落ちると、肝臓で処理できなかった毒素が身体に溜まっていきます。

その毒素は、おおまかにいうと、

肝臓→心臓→脳へと循環されてしまうのです。

このようなことが起こると、人は危険を知らせる為に頭痛などの何かしらのサインを身体に出していくのです。

このようなことが起こると、頭痛という症状で内臓が危険な状態だと身体に知らせしてくれるのです。

頭痛と言っても肩こりなどの筋肉などの原因だけではなく、

実は内臓も関係していることも知って頂き、頭痛で苦しんでいる方の改善につながってくれればと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人がイキイキして子供キラキラした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。