大田区大森・蒲田のめう整体院が教える腰痛や肩こりが右半身と左半身の重さに関係していた

From  漆戸 拓真

大田区大森・蒲田にある整体院より、、、

本日もブログへの訪問頂き、ありがとうございます。

今回のテーマは腰痛や肩こりが、なぜ右半身と左半身の重さと関係があるのかを伝えしていきます。

皆さんは心臓が左側にあるから当然、左の方が重いのではないかと思うかもしれないですね。

 

 

でも、驚くかもしれませんが心臓の位置は、実のところ先端は左にあるというだけで、心臓本体の大半は身体のほぼ中央に位置します。

じゃあ「左右均等なの?」と思うかもしれまんが、正解は右半身でした!

なぜかというと、人体の中で脳の次に思い実質臓器は肝臓なのです。

その肝臓の体積は8割が右半分にあるためなのです。

その為、私が施術する前に身体のバランスを確認すると右肩が下がっている方が多い気がします。

また、ご自分で鏡をよく見ると右肩が下がっていると感じられる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

あるいは右足の方に荷重がかかっているかもと感じたりする方もいるかもしれませんね。

これは臓器の位置による関係があるためなのです!

 

 

特に今の現代社会においては、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどにより肝臓が疲労している方が非常に多く見受けられます。

それによって肩こりや腰痛を引き起こす場合もあります。

特になかなか治らない肩こり腰痛、疲労感は肝臓の影響が考えられるので一度、食生活や生活習慣を見直してみるのもいいと思いますよ。

当院では、骨格や筋・筋膜だけはなく、肝臓などの臓器も診ているので興味がある方は一度、来てみてもいいかもしれませんね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。