大田区大森・蒲田のめう整体院が教えるギックリ腰は温めるのか?冷やすのか?

From  漆戸 拓真

大田区大森にある施術室より、、、

本日もブログへの訪問頂き、ありがとうございます。

 

 

今回は、ギックリ腰に温めるのが良いのか?冷やすのが良いのか?についてお伝えしていきます

結論から伝えると、人によって温めたら楽になる人と、冷やすと楽になる人がいるので、どちらも有効であり、有効ではないです。

どっちなのと思われますが、まずは、温める温熱療法についてです。

温熱療法

“急性及び亜急性腰痛に対して短期的には有効である。

急性腰痛に対する温熱療法は内服と比較し疼痛及びRDQを有意に改善する。

また運動療法との併用は、単独よりも疼痛と機能改善を有意に認めた。”

(引用:腰痛ガイドライン2012

このように腰痛ガイドラインでは推奨するとされています。

ただ、慢性腰痛に関しての有効性については科学的根拠は存在しないとされています。

私個人の意見としては、

特にギックリ腰(急性腰痛)の場合は冷やす方が楽か?それとも温めるのが楽か?どちらが楽な方を確認して行うように患者さんには、お伝えしてます。

また、私が見ているギックリ腰(急性腰痛)や亜急性腰痛の患者さんには、必ずお腹は温めるようにはお伝えしています。

ちなみに亜急性腰痛とは、腰痛になってから4週間以上かつ3ヶ月未満のものを言います。

 

 

なぜお腹を温めることが良いのかというと

①お腹の筋肉を緩める

ギックリ腰(急性腰痛)や亜急性腰痛の患者さんは痛みを回避するために、

やや前かがみの姿勢になっている患者さんが多く、お腹の筋肉が硬くなっているのを緩めるためです。

内臓の冷えや動きを良くする

ギックリ腰(急性腰痛)や亜急性腰痛の患者さんは、内臓の疲労や痛みで動くことがあまり出来ないことで、内臓への適切に刺激が入らなくなるため、内臓の動きが悪くなり冷えが生じると考えられる為です。

以上のことを踏まえて、もしもギックリ腰(急性腰痛)や亜急性腰痛になった場合には試してみて下さいね。

分からないことや疑問などありましたら、ご連絡くださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。