なぜ?横隔膜を柔らかくすると腰痛や背部痛が改善して、くびれまで出来るのか?

From  漆戸 拓真

大田区大森にある治療室より、、、

本日もブログへの訪問頂き、ありがとうございます。

今回は、腰痛や背部痛にも関係している横隔膜を柔らかくする方法についてお伝えしていきます。

また、なぜ横隔膜を柔らかくすると、くびれのある身体になるのかもお伝えします!

最初に横隔膜を柔らかくする方法をご紹介していきます。

1.呼吸を使って横隔膜を柔らかくする方法

(1)うつ伏せになり、肘を突いて上半身を持ち上げて、上半身を反らした状態での腹式呼吸を5回~10回ほど行います。

(2)仰向けに寝てもらい、枕やクッションを腰の下に入れて、腰が反った状態で腹式呼吸を5回~10回ほど行います。

※(1)(2)ともに腰が反り過ぎて腰痛が出ないように注意して下さいね。

 

 

2.横隔膜を直接触りながら柔らかくする方法

(1)座った状態になってもらい、肋骨の下辺部分に軽く指を引っかけて、その状態で深呼吸を5回~10回ほど行います。

また、仰向けで行う際には、膝を曲げて行いましょう。

※肋骨の下辺部分に指を引っかける際に痛みを伴わないようにして下さいね。肋骨を痛める危険性があるので注意しましょう。

最後に横隔膜を柔らかくする方法1,2ともに、深呼吸を連続して行うのは大変なので、深呼吸をしたら次は通常の呼吸を1回挟んで再度、深呼吸するようにしましょう。

まずは、最低でも1ヶ月は続けてみて下さいね。

1回や2回で変化しないので継続していきましょう 💡

 

 

そして身体の柔軟性はもちろん、腰痛背部痛、猫背の改善やくびれのある身体を目指しましょう 💡

ちなみになぜ横隔膜が柔らかいと、くびれるかというと横隔膜が柔軟になると腹部にある内臓が上に行きやすくなるため、下にあった内臓が上に上がることにより、くびれが出来やすくなるのです!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。