大田区大森・蒲田のめう整体院が教える腰痛や肩こり、膝痛に効果的な湿布の貼り方とは?

From  漆戸 拓真

大田区大森にある治療室より、、、

本日もブログへの訪問頂き、ありがとうございます。

 

 

(出典:【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え)

本日は腰痛や肩こり、膝痛の方に多く質問を受ける湿布の選び方や効果的な貼り方、貼る際の注意点についてお伝えします。

まず始めに湿布には、温湿布、冷湿布、経皮鎮痛消炎剤 などがあります。

温湿布は唐辛子エキスなどの成分が含まれ、ぽかぽかと温かく感じます。

一般的には慢性のものに使用すると言われています。

冷湿布はメントールなどの成分が含まれ、スーッとして冷たく感じます。

一般的にはぎっくり腰、捻挫、打撲などの急性のものに使用すると効果的と言われています。

経皮鎮痛消炎剤は、温かくなったり、冷たくなったりする感覚は基本的にはありません。

腰痛や肩こり、膝痛にどれが効果的なのかというと、私がいつもお伝えするのは、貼って気持ちいいと思うものを使って下さいとお伝えします。

貼る場所は、腰や肩、膝の痛みが出ている所または、腰の張りや肩こりを感じる場所に貼るのが効果的です。

また、多く患者さんに質問されるのが湿布の貼る時間です。

湿布によっては、丸一日効果が続くとされているものもありますが私のおススメで効果的な貼り方は、お風呂またはシャワーに入った後に湿布を貼り、朝起きたら湿布を剥がすのをおススメしてます。

そのような貼り方をすることで、皮膚への負担が少なくできるからです。

長時間の使用によりカブレる方が大勢いらっしゃいますので注意しましょう。

あともう一つ注意して欲しいのが貼り方です。

広く貼ろうと湿布を引っ張って貼る方がよくいらっしゃいますが、この貼り方をしてしまうと皮膚を引っ張ってカブレの原因につながるので引っ張らずに貼りましょうね。

湿布を貼って楽になる場合もありますが、あくまで対処療法なので腰痛や肩こり、膝痛自体は、湿布で治るものではないのです。

大切なのは腰痛や肩こり、膝痛が起こらないように身体を作っていくのが一番大切です。

エクササイズをして腰痛や肩こり膝痛を起こらないように予防していきましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。