牛乳や乳製品でカルシウムが摂れて骨が強くなると思っている、あなたへ

From  漆戸 拓真

大田区大森にある施術室より、、、

本日もブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

今回のテーマは牛乳乳製品についてお伝えしていきます。

多くの方がカルシウム=代表的な食品の牛乳や乳製品を思い浮かべますよね。

私も思い浮かべてしまいます

でも、実は牛乳や乳製品は、動物性たんぱく質を非常に多く含み、私たちの弱アルカリ性に保たれている血液を酸性に傾けてや歯からカルシウムを溶かして血液中に送り込んでしまうのです 😯

また、血液のバランスを保つために使われたカルシウムは再び骨や歯に戻されますが、乳製品や肉類の取りすぎなどによって骨や歯を溶かしてしまいがスカスカな状態にさせてしまうのです。

そして、なんと日本人は欧米人に比べて乳頭を分解する消化酵素「ラクターゼ」の活性が弱く、牛乳を飲んでも折角のカルシウムが吸収されない可能性があるのです 😥 

また、カルシウムがいくら多くても、それと同時に

マグネシウムの摂取が少なければ、骨からカルシウムが溶け出て骨密度が減少し、骨粗しょう症を招く大きな理由となってしまうのです 💡 

これを読んで頂くと、骨を強くしようと牛乳を大量に飲み過ぎるのも逆効果になってしまうことがお分かり頂けたと思います。

では、骨の健康を保つための、適切な栄養補給や生活習慣はどのようにしたらいいのかを次回のブログでお伝えしていきます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森にある慢性腰痛・坐骨神経痛専門

めう整体院

漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。