大田区大森・蒲田のめう整体院でヘルニアが原因のふくらはぎの痛みが改善した症例報告

From 漆戸 拓真

大田区大森・蒲田にある整体院より、、、

いつもブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

このブログで皆さんが健康に成れる情報を発信していきたいと思います!

今回は、整骨院へ通っても良くならなかったので、病院へ行ったらヘルニアと診断され、夜寝ている時に腰が痛く、少し歩くとふくらはぎに痛みが出ていた症状改善した症例を報告します。

Dさん(仮名)は、整骨院へ通っていたが症状が改善せず、病院へ行ってヘルニアと診断され、痛み止めなどを服薬するも症状が一向に改善されないため当院へ来院されました。

Dさんは、少しの時間を立っていたり、少し歩くだけで左のふくらはぎに痛みが出る事や寝ている時に腰やふくらはぎの部分が痛くて目覚めてしまうに困っていました。

5回の通院で夜寝ている時の痛み改善されました。

10回ほどで以前より長く歩いたり、立ったり出来るようになりましたが、依然としてふくらはぎの痛みが出ている状態でした。

当院では、2回目以降の場合は施術の前に前回から状態の丁寧に聴いていきます。

次に、検査を行います。

当院の検査では、症状と関係する各関節の動きや身体のバランスを診ていきます。

Dさんの場合は依然としてヘルニアの徒手検査は陽性でした。

Dさんの最後に残存していた原因は、左膝の前十字靭帯が原因でした。

ご本人にお伺いしたところ、以前に運動して転倒して腫れた事があるということでした。

左膝の靭帯を痛めていたので右膝に比べて、かなり左膝の関節が緩くなってしまっていました。

検査説明後に施術を行います。

今回のDさんの場合は、施術の順番として頭蓋→骨盤→左膝という順番で調整をしました。

施術前はヘルニアの徒手検査は陽性でしたが、施術後は陰性となり改善しました。

最後に食事や日常生活動作の注意事項をお伝えして、通院は卒業となりました。

今回のDさんの場合のように、以前に痛めた箇所が最後の取り切れない原因だったりすることが、特に症状が重い方に多くみられます。

Dさんが痛みを気にせず運動や友人などと出掛けられるようになったことが私は大変嬉しく思います。

このブログを読んでいる方で病院や整骨院へ行っても、ヘルニアや坐骨神経痛が改善ないのであれば今、施術を受けている意外の原因があるかもしれないですね。

もし、ヘルニア坐骨神経痛でお悩みなら当院へ一度ご相談してみて下さいね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人がイキイキ、子供がキラキラした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。