大田区大森・蒲田のめう整体院が教える母指の腱鞘炎を治療する2つのポイントとは!?

From 漆戸 拓真

大田区大森・蒲田にある整体院より、、、

いつもブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

このブログで皆さんが健康に成れる情報を発信していきたいと思います!

今回は母指の腱鞘炎で治療するべき2つのポイントをお伝えしていきいます。

このブログをご覧に頂いている、あなたはもしかしたら整形外科や整骨院へ行っても腱鞘炎の痛みが治らず、仕事や家事がお困りかもしれませんね。

では、なぜ?あなたの腱鞘炎の痛みが治らないでしょうか?

その答えは、腱鞘炎で痛みのある「結果」の部分しか診てもらえてないからです。

いくら腱鞘炎で痛みのある場所を治療しても本当の「原因」を治療しなければ、治らないのです。

そして今のあなたに必要なのは、注射することでもなく、湿布を貼ることでも痛み止めを服薬することでもありません。

今のあなたに必要なのは、根本的な原因を治療することです。

それでは、腱鞘炎とはどのようなものなのでしょうか?

腱鞘炎とは

指の屈曲は、屈筋腱が筋肉の収縮力を関節に伝えることによって行われています。屈筋腱は指の付け根(MP関節部)から指先まで、腱鞘というトンネルの中を滑膜組織に包まれ滑らかに動いています。腱鞘は、指を曲げた時に屈筋腱が骨から浮き上がってしまうのを防ぎ、力を有効に伝える滑車(プーリー)の役割を担っています。
ばね指とは、この屈筋腱の通過障害です。
まず、滑膜が炎症を生じ腫れてしまい、屈筋腱が腱鞘の中を滑走しにくなると、指の動きが制限され、痛みも生じます。さらには、MP関節部にある腱鞘の入り口(A1プーリー)が狭くなると、屈筋腱の太い部分がそこを通過しにくく引っ掛かるため、ばね現象が起こります。

引用・出典:東日本橋整形外科より

それでは、どのようにすれば治療していけば良いのでしょう。

治療するべきポイントは2つです。

めう整体院-イメージ画像

1.筋膜のつながり

特に母指の腱鞘炎で当院が意識してみる筋肉(筋膜)は

・母指球筋

・大・小胸筋

・反対側の上肢の屈筋群

この3つの筋肉を意識して診ていきます。

この上記の3つの筋肉はそれぞれ関連性のある筋膜なので当整体院では母指の腱鞘炎での痛みの場合は意識して治療します。

他にも治療する箇所はありますが人それぞれ違いますが、当整体院でご紹介する筋肉はこれになります。

2.手根骨の位置や動き

母指の腱鞘炎になっている多くの方は、手根骨の位置や動きが正常でないことが多いです。

それゆえに当整体院では、この部分も大事に診ていきます。

母指の腱鞘炎での痛みは、この上記の2つのポイントを意識して当整体院は治療していきます。

母指の腱鞘炎の痛みで家事や好きな手芸が出来ずにストレスになられている方は、一度ご相談下さいね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人がイキイキして子供キラキラした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。