大田区大森・蒲田のめう整体院が教える意外な足底筋膜炎の治療とは!?

From 漆戸 拓真

大田区大森・蒲田にある整体院より、、、

いつもブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

このブログで皆さんが健康に成れる情報を発信していきたいと思います!

今回は、足底筋膜炎で診るべきポイントについてお伝えしていきます。

足底筋膜とは、足底筋膜は足の裏にある薄い膜です。

足底筋膜炎はこの足底筋膜が何らか原因で炎症することを言います。

足底筋膜炎が起こる場所の多くは踵や足の裏です。

私の個人的経験では、比較的スポーツをしている人に多くみられます。

もちろん、スポーツをしていない人も発症します。

 

出典:東大和市駅前はり灸整骨院より

足底筋膜の主な症状としては

  • 歩き始めの最初の数歩が痛む
  • ランニングしていると痛み出す

などの症状がみられます。

特に多くみられる場所は踵に近い部分に多くみられます。

*上の図を参照してください。

踵の痛みが出ている部分をレントゲンで撮影すると骨棘(痛みのある部分の骨から余分な骨が出ている)が出ていることが多くみられます。

一般的な足底筋膜炎の原因と挙げられるのが、足底筋膜への過度な負荷と言われいます。

過度な負荷がかかる原因として、よく挙げられるのは

  • オーバーユース(使いすぎ)
  • 筋力と柔軟性の低下
  • 体重による負荷

などです。

一般的な治療としては、

  • 足底筋膜のストレッチ
  • テーピング
  • 患部の電気治療
  • 注射

など、患部中心の治療になります。

しかし、当整体院で全く治療の考え方が違います。

当整体院の治療としては、

  • 身体のバランス・軸を確認して足底筋膜炎を起こしている部分の負担を減らします。
  • 足底筋膜に負担を掛けている筋膜のラインを当院オリジナル筋膜整体で負担を減らします。
  • 坐骨や尾骨の調整をして戻りの少ない身体にします。
  • 食事のアドバイスで身体の中からも改善しやすくさせます。
  • 一般的なストレッチではなく、その人に合ったオーダーメイドのストレッチをご提案します。

当整体院では、なぜ足底筋膜炎が起こるのか、対処療法ではなく再発予防までを見据えた治療をしています。

このブログを見たあなたが1日でも早く治って、イキイキした生活を送って頂ければ嬉しいです(^^)/

このブログを見て分からないことや聴きたいことがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人がイキイキして子供キラキラした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。