大田区大森・蒲田のめう整体院が教える膝関節の水を抜くのは有効ではなかった!?

From 漆戸 拓真

大田区大森にある整体院より、、、

いつもブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

このブログで皆さんが健康に成れる情報を発信していきたいと思います!

今回は、膝関節の水を抜くは有効ではない理由についてお伝えしていきます。

まず、結論からお伝えすると、いくら膝関節に水が溜まったからといって水を抜いても、膝関節に炎症を起こしている原因を取り除かない限りは、また膝関節に水が溜まってしまうので膝関節の水を抜くのは、あまり有効ではありません。

ただし、注意して頂きたいのがケガや水が溜まり過ぎて膝関節が曲がらない場合など特殊な場合は除きます。

また、あなたはこんなことを聞いたことがありませんか?「の水が溜まって抜くと癖になる」

本当の理由をお教えします。

まずは、そもそも膝の水とはどのようなもなのでしょう?

膝の水は関節の動きを良くする関節液なのです。

例えるなら機械の動きを良くする潤滑油と同じ役目をしているものなのです。

そして、今のあなたは、もしかしたらこう思っているかもしれませんね。

膝関節の水を抜いたら膝関節の水はもう溜まらない。

でも、実際には多くの方が膝関節の水を痛い思いをして抜いても、直ぐに溜まってしまうという人が非常に多いのが現状です。

それゆえ膝関節の水を抜くと癖になると言われているのは、その為なのでしょう。

では、なぜ膝関節の水を抜く、水がまた溜まってしまうのでしょう?

その答えは、膝の水は関節が何らかの原因で炎症が起きて溜まってしまいます。

なので、膝の関節液を例え抜いたとしても、その炎症の原因が取れない限りは、また溜まっていってしますのです。

言わば、風邪を引いて鼻水をかんだけど、また鼻水が出てくるのと同じような現象なのです。だから、膝のが溜まって抜くと癖になると言われてしまうのです。

私の診てきた患者さんには、水が溜まって膝が90°以上曲がらない方には水を抜くようにしたほうが良いと伝えますが、少し膝に水が溜まっているようであれば抜くことは勧めません。

何故なら膝の水を抜いたところで膝の炎症が取れていなければ、また水が溜まってしまうからです。

当整体院の筋膜整体で治療後に水の溜まり具合が減ったと言われることも多くあります。

しっかりと膝関節や身体のバランスを整えることで、膝関節の水は吸収や分散されていきます。

何度も何度も膝関節の水を抜いている方は、この考え方も頭に入れておくと良いかもしれませんね(^-^)

また、何度もお伝えしますが膝に水が溜まり過ぎて膝が90°以上曲がらない場合は水を抜くことをおススメしますよ。

当整体院では、膝に炎症を起こしている根本原因を当院独自の検査法を行い治療していきます。

歩いている時やしゃがんだ際に膝痛を感じて不安な方は一度、当整体院にご相談下さい!!

あなたがイキイキとした生活が出来るように全力で応援します!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。