大田区大森・蒲田のめう整体院が教えるギックリ腰の正しい対処法とは!?

From 漆戸 拓真

大田区大森・蒲田にある整体院より、、、

いつもブログへ訪問頂き、ありがとうございます。

このブログで皆さんが健康に成れる情報を発信していきたいと思います!

春に多いギックリ腰の理由は、以前の記事にかいてありますが、今回はギックリ腰になってしまった時の正しい対処法についてお話していきます!

あなたは、ギックリ腰になってしまったら、どのような対処法をすれば良いと思いますか?

多くの人が思っている対処法は、安静にして横になってる痛みが良くなるのを待つしかないと答えるかもしれませんね。

以前は、そのような対処法が正しいと言われた時もありました。

しかし、今の正しい対処法は安静にして横になっているが良いとはされていません。

今の正しい対処法は、出来る限り通常の日常生活を送ると整形外科ガイドラインにも記載され、その方が予後が良いとされています。

ビックリしましたか?

私も最初に知ったと正直ビックリしました。

ギックリ腰になってしまったら出来る範囲は決まってますが、腰以外のところも動かすし、当然腰自体も動くので筋肉自体が固まるのも防いでいるのです。

その為、予後が良いとされているのです。

そしてギックリ腰になってしまったら、めう整体院では実際、診ている患者さんにお伝えする対処法がお腹を温めるということです。

その理由は2つあると考えています。

1つ目の理由は、ギックリ腰になってしまうと前かがみになった姿勢で長時間いるので、お腹の筋肉が硬くなります。

それを温めてお腹の筋肉を緩めることにより、腰への負担も軽減させるのです。

2つ目の理由は、内臓も疲労している方が非常に多いので、温めることにより内臓の循環が上がると個人的には思っているので、お腹を温めて下さいとお伝えしています。

ギックリ腰は、全身の疲労と私は思っており、物を持つなどの行為をして発症しますが疲労が蓄積して、たまたまある動作が引き金を引いたに過ぎないと思っています。

その為、身体の休息もとても大事だと思っています。

これからの時期は寒暖差も激しくなり、身体の負担や自律神経の乱れなどが起こりやすい季節なので、しっかりと休息を取って疲労を溜めないようにしましょう。

ちなみに腰は温めても冷やしてもどちらでも構わないと、めう整体院ではお伝えしています。

ただし、ポイントとしては腰が楽になる方をするということです。

そのポイントだけ抑えて、腰を温めるか冷やすかをして下さいね。

ギックリ腰になっても正しい対処法を行い、早めに通常の生活に戻れるようにしていきましょう!

もし、ギックリ腰で不安なことなど、ございましたら一度ご連絡下さいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

大田区大森・蒲田から腰痛・膝痛を無くして、大人も子供イキイキした人生を送れる心身を作る専門整体院

めう整体院

院長 漆戸 拓真

ご予約・お問い合わせは
お電話にて

070-4439-0907
070-4439-0907

受付時間

9:00〜19:30(不定休)

※施術中は電話に出ることが出来ません。留守番電話につながりますのでお名前電話番号をお伝えください。
こちらから折り返しご連絡いたします。